ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

使いみち無限大

 0
 0
だんだんと暑くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
岡山は、「晴れの国岡山」という呼称があるのですが
まさにその通り、雨が少なく暑い日がとても多いのです。

昨日は昼間、温度計が28℃でした・・。(え、6月ですよね・・?)


さて
本日は、うちでの備前焼の使いみちをちょこっとご紹介。
時々、「これはどんな風に使ったらいいのかしら?」と質問される事が
あるのですが、基本的には「お好きな様に使って下さい」。

とうのも、その人その人の盛りたい料理・使い方があってこその器だと思うのです。
もちろん、料理用でなく花を生けて下さっても素敵です。
その為、うちではあえて、
値札には「パスタ皿」や「カレー皿」などの表記はしない様にしています。

器を見ながら、「これにはあの料理が合いそうだな・・」などと想像を
膨らませるのも楽しい作業。
是非、色んな使いみちで器を楽しんで下さいませ^^


梅干をいれています。


画像 1211
フタモノ:¥2310

ヒビが入ってしまい、水もれしてしまう花入れは植木鉢として。
スーパーのネギを根っこだけ植えていたらこんなに成長。
朝、カットしてお味噌汁にIN。かなり重宝してます。


画像 1210
花入れ:参考商品


割れた器の新たな使いみちとして、いかがしょうか?


今日もカラーを生けています、
花もちが良いので助かります。


画像 1212
一輪ざし(シケンカン):¥1575



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply