ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

パズル

 0
 0
うちの定番商品の、入れ子碗。(5客揃)
ひとまわりずつ違うサイズの碗がちょうど入れ子で収まる様になっています。


画像 1108


もちろん焼くのは別々なので
出来上がってから5客に組んでいきます。
これが、なかなか大変。少しずつ微妙にサイズが違うので合うものを探すのと
色味が似た様なのが集まらない様に組んでいくのとで ちょっとしたパズル感覚です。

組んだものを並べると、なかなか壮観。
ちょっとした達成感です。


画像 1106


少しずつサイズを変えて作っていくのが大変だったそう。
焼き物は縮む為、+収縮率も頭にいれ、作らなければいけません。
技術と計算を要する器なのです。

一番大きなサイズはどんぶりとして、小さなサイズは薬味入れとして・・。
是非とも毎日使って頂きたい器です^^


画像 1109


ちなみに3客揃もご用意しています。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply