ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

緩衝剤、うちの場合

 0
 0
国道沿いとはいえ、飛び込みのお客様は数少ない工房。
(入りにくいですよね・・やっぱり)
よって、企業様や個人様から注文を受けて→発送というかたちが多くなります。

そこで窯出し後、出荷作業にかなりの時間を費やします。
もちろん、配送中に割れるなんてもっての他なので梱包にはものすごく気を遣います。
同時に必要な緩衝剤の量は半端ではありません。


IMG_20150419_091439.jpg


うちの場合、新聞紙を丸めて→ポリ袋にいれて→セロテープで封
という風に緩衝剤を作っているのですが、まー作っても作っても足らない事。
先日は娘と一緒に一日中この作業をして72Lゴミ袋×4つ分作りましたが
それでもギリギリだったそうで・・・。

新聞をとっている家で良かったなと思いますがそれでもみるみるうちに無くなります。
来月は、引き出物やお祝いの記念品などでまた包装・発送作業が盛りだくさん
なので、空いている時間はもっぱら緩衝剤作りに精を出しております。

緩衝剤、皆さんはどうされているのかしら・・?


IMG_20150425_121025.jpg



少し前にアメリカから帰って来ていた義理の姉。
お土産で頂いたバターピーカンシロップ、ミルクティーにいれてみたら
これが美味しくてハマッてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply