ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

初窯終了。

 0
 0
8日間の窯焚きが終了しました。
周りの方々の力を借りて、無事に終える事が出来ました。

備前焼 013

まさに 「焼きもの」。1000度を越す窯の内部です。

 

そして、一番過酷な作業と言われる「炭入れ」

 

備前焼 018備前焼 014備前焼 017備前焼 015


皮の手袋をはめて作業するのですが、それでも火ぶくれが出来るほどの熱さ。
まともに熱気がくるので、顔をガードしておかないと火傷の勢いです。


備前焼 021


備前焼 023


この約一時間後、午前2時前に窯焚きが終了しました。

自分達の仕事もありながら
ほぼ休み無く、ぶっ通しで手伝ってもらった友人達に本当に感謝です。
この場をお借りしてお礼を言います。有難うございます。

備前焼 019




この窯焚きの為に、毎日毎日作品を作り続けてきたのをずっと見ていたので
今、ようやくひと区切り(窯をあけて作品を見るまでは何ともいえませんが)
ほっと安心しました。

これから、この窯の中の器たちがどんな人たちの手に渡っていくのかが
とても楽しみです。

随時、ここでも少しずつお見せできればと思っていますので、
ご興味のある方は是非見てみて下さいね^^

ひとまず、窯焚き終了の報告まで!!









関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply