ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

カタモノ

 0
 0
今回の窯で新たに本格的に取り組んだもののひとつ。


DSCN4761.jpg


石膏型です。
大小織り交ぜた花入れや、和菓子などをちょこんとのせるのにおすすめな小皿。
香炉・・などなど様々な種類の型を作りました。
思わず「かわいい!」と言ってしまった小さな花入れたち。


DSCN4762.jpg


こういった小さなものは手で作ると手間がかかるのですが、
何せサイズ的に価格には反映できないのがネック・・。
その点、型ものは一度型を作れば手間は大幅にダウンします。
この花入れは手のひらにちょんと乗るサイズで
お部屋のちょっとしたスペースに置いて頂けるかと思います!


DSCN4764.jpg


焼成後は約2割縮みますので、更にちょこんと感が増すと思われます。
焼き上がりが楽しみ!


DSCN4741.jpg


先月の私の誕生日に買って頂いたア・ラ・カンパーニュのタルト。
いつでもこういったお菓子が身近にあるなんて
神戸在住の方うらやましすぎます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply