ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

2014お年賀は

 0
 0
毎年陶芸教室の生徒さん方へ年始のご挨拶としてお渡ししている
オットの手づくりお菓子も今年で5度目となりました。
ちなみに今までを振り返ってみますと・・・
初回→どら焼き
2回目→きんつば
3回目→おはぎ
4回目→おはぎ
そして今年は何を作ったかと申しますと


DSCN4658.jpg


ででん、初・練りきりでございます!
以前からいつ使おうかと熟考していた白いんげん豆が活躍しました。
もちろんイチから全てオット一人で作っております。


DSCN4643.jpg


記録係の私、こし餡を作っている所をパチリ。


DSCN4655.jpg


食紅とくちなしで色をつけ、紅白の椿のかたちに成型していきます。
ちなみにこれは朝6時ぐらいに撮ったんですが
オット本人は4時に起きて一人黙々と作業していた様です、和菓子職人?


DSCN4660.jpg


裏ごしを目の細かいものにすれば良かっただとか
砂糖を上白糖にするべきだったとか(三温糖を使いました)
初めての練りきり作りだったので色々反省点があるようですが
それでも手作り出来たての練りきりはほんのり甘くやわらかく
幸せな味なのでした・・・^^

また作ってね。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply