ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

年末によせて

 2
 0
2013年も後わずかとなりました。
今年も2回の窯焚き・秋の備前焼まつり・東京でのイベント等々
めまぐるしく過ぎていき気が付けば季節が過ぎて行った様な気がします。

加え、こどもも日々成長しバタバタと後を追いかける様な毎日
合間に家の事・工房での手伝いなどなど私も充実した一年でございました。

今年も
窯出しへ来て頂いた方々
出張イベントへ来て頂いた方々
おまつりへ足を運んで頂いた方々
ふらっといつも寄って頂けるお客様
子供に絵本やお菓子を贈って頂いたお客様
協力してもらっている両親へも
お世話になりました、そしていつも有難うございます。

来年は、すでに今年決まった幾つかの取り組みがかたちになる予定
今年に輪をかけて忙しくなりそうです
私も個人的にわくわく、楽しみにしております^^
そしてブログは6年目に突入、変わらず宜しくお願い致します。

皆さま良いお正月をお迎え下さいませ。

鳴瀧窯
管理人 嫁


年明けは4日(土)~開けております、
※但し6日(月)はお休みとさせて頂きます


今年最後は文月より↓
盆もクリスマスもお正月も彼らには関係ないのですね。


DSCN4579.jpg


DSCN4581.jpg


関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.
神戸のmanabe  

今年は本当に忙しい年のようでしたね。ブログの文からよく伝わってきましたよ。楽しく読ませていただきました。来年もよろしく。ちなみに、写真の文月の窓の向こうの材木は窯焚き用の薪ですか。すごい量ですね。

2013/12/31 (Tue) 10:12 | EDIT | REPLY |   
tora  
Re: タイトルなし

明けましておめでとうございます、いつも読んで頂いてありがとうございます。
これからも興味を持ってもらえるような取組み色々とご紹介出来ればなと思っております。
お察しの通り後ろは次回の窯焚き用の薪です、ほぼ全て一回で使い切ってしまいます。贅沢なやきものですよね・・。

2014/01/04 (Sat) 17:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply