ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

終わりなきボタ作り

 0
 0
9月に入りましたね、今月下旬には窯焚きをする予定 
それに従い窯詰めもそろそろかかる時期になってきました。
それに伴い必要なのがボタ餅&ワラ作り!!

ボタ餅は何度も紹介している通りこの様に器に「ヌケ」をつくる為に使う
せんべい状のもの、ワラは「ヒダスキ」という景色を作る為のものです。


ブログ 018


このボタ餅作るサイズや量は作家さんによって違うと思いますが
うちの場合は3cm~7cmまでは0.5cm刻み
8cm~14cmまでは1cm刻みで作り使っています。
それぞれを大体50枚~100枚ずつくらい作るのでこれを一人でやると
なっかなか時間がかかるのです、初めての頃と比べると早くはなりましたが。


DSCN4106.jpg


3cm/3.5cm/4cm/4.5cm/5cm/5.5cm/6cm/6.5cm/7cm/7.5cm
8cm/9cm/10cm/11cm/12cm/13cm/14cm
・・・ざっと全部で1000枚以上は作るのではないでしょうか

私も深く考えた事は無かったのでこうして書いてみて驚きですが。
一回の窯に入る作品の数が1000点くらいと考えると、まあこれくらいは必要ですよね。
通常他のやきもので「絵付け」にあたる工程が備前焼ではこうした
「仕込み」です、仕上がりを左右する大切な作業。

さ、今日もボタ餅作りに精を出してきます。


DSCN4044.jpg


窯の前のサルスベリ。自生したものを広い場所に植えかえました、
枯れかけていてダメかな・・と思っていたのですが
こんなに小さくても花を咲かせていてびっくり、嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply