ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

詰めて詰めて

 0
 0
画像 058

窯詰め作業中。
今日は、雨が朝から降っていて+寒い!雪になるかならないか微妙なくらいです
作品を仕込んでは詰め、仕込んでは詰め の繰り返しです。
それぞれの高さ・大きさ等考えて計画的に詰めていきます。パズルの様です。

そんな作業のひとつ
ワラを丸め、底にしきます。

画像 050

牡丹餅を器との大きさのバランスを見ながら、その上に置きます。

画像 051

この器は入れ子状になる手はずなので、それを重ねて1セットにします
これをひたすら作っていきます。
注意すべきは、器同士がくっつかない様まっすぐに重ねていく事。
(焼いた時に割れたり、ゆがんだりするのを防ぐためです) 右下の、少しゆがんでますね・・

画像 053

他の器も同様に

画像 054


画像 052

焼き物は完成がすぐに見えるものでは無いので、楽しみではありながら
これでいいのか 綺麗に焼き色がでるのか 探り探りやってます。

立春も近いですね
明日は少しでもあたたかくなります様に










関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply