ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

窯出し中

 0
 0
窯内の温度が下がってきた為、先日窯を開けました。


IMG_3565.jpg



毎回緊張する瞬間です・・。


登り窯には幾つか部屋があり、それぞれ名前がついているのですが
説明の参考にと探していたら
何とも分かり易いイラストがありましたので拝借しました!
こちらに親切な解説も載っておりますしたのでご参考下さい。


zu1.gif

(画像はお借りしました)

今回はケドからなかなか満足のいくものが出たとの事。
語彙が少なくうまく説明できませんが「丁度良い」感じの焼けに
なったんではないかと私も思っております。
毎回の事ですが、勿論「ウド」が一番火力が上がるためにとても素晴らしい
迫力のある焼けが出たり・・またその逆に火力が強いため
器同士がひっついたり、割れてしまったりハイリスクなのもこの部屋の特徴です。


IMG_3567.jpg


ウドは今回はちょっと焚きすぎ(?)たとの談。
窯焚きは数をこなす過程でだんだんクセを掴んでいくもの。
次回の窯焚きへの課題がまたできた様です。

さて、出した器をせっせとヤスリがけしますよー。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply