ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

鹿肉

 0
 0
先日、私の職場の上司から鹿の肉をいただきました。
(お客様で猟をしていらっしゃる方がいて、お裾分けいただいたそう)
私も食べるのは初めてなので、「さて どう料理したものか?」と
ネットで色々なレシピを検索・・。

はじめてなので最初は焼いてシンプルに食べたいなと思ったので
つけこみダレにしばらく漬け焼くという方法に決定。


IMG_2853.jpg


ネットで見つけたタレのレシピを参考に
・塩、こしょう
・チリパウダー(必須)
・醤油
・赤ワイン
・はちみつ
で味付け、7時間くらい漬けておきました、
チリパウダーはGABANのものでけっこうどこにも売ってるみたいですね。

で、後はフライパンで中火で焼いていきます。


IMG_2854.jpg


(赤身ばかりなので真っ黒の写真になっちゃいますね・・)
鹿=ケモノというイメージがどうしてもあって、臭みが一番心配だったんですが
食べてみると全く臭みを感じる事無く、柔らかい食感で濃い目のつけこみダレにつけていても
あっさりとしていて、期待を遥かに上回る美味しさでした!
ちょっとレバーの味にも似てるかな?


IMG_2855.jpg


チリパウダーの風味がとても合い、これは是非ともまた機会があればやりたいです!
個人的な感想としては、昔食べた猪肉よりももっと癖がなく
日本人に親しみ易い味なのではないかと思った私です。

女性にも嬉しい低カロリー&鉄分豊富ですし、
鹿肉を食べる機会がある方是非お試し下さい^^
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply