ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

いよいよ大物

 0
 0
CIMG1946.jpg

いよいよ最後に残された大物を作っています。
(底まで手を入れなければいけない為、冬でも袖なし)



CIMG1966.jpg

5キロ・10キロ・12キロ・20キロ・・・
大きい壷、気力体力とも必要です。あまり実用性のあるものでは無い為、自由に出来る分
難しいのかもしれません。

この手前と奥の壷は、削り後をわざと残しているのですがなかなかいい雰囲気で好きです。

CIMG1967.jpg


焼き上がりが楽しみです^^



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply