ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

ボタ作り

 0
 0
この季節がやってきましたよー
牡丹餅作りです、窯焚きが近づいてくると足りないサイズを
ピックアップして、今回の窯焚きに使用する分を作成します。

何回かブログでも過程のお話を載せているのでご存知の方も多いと思いますが
→☆
→☆
この辺りに詳しく説明していますので宜しければご覧下さいね。


IMG_2228.jpg


道具土という、器に使うものとは少し違う粘土を使って
一定量ずつのだんごを作りそれをまるーく叩いて伸ばしていきます。


IMG_2237.jpg


こんな感じで大きさ見本をあてながらなるべく正円に近づけます。
サイズが大きくなればなるほどこれが難しい!
ちなみにこれは12cmですが大きいのになると15cm程!難易度高いです。
 一番上の写真にちらっと見えているタタキ棒(?)で伸ばしていくのですが
材質が木の為に何回も繰り返していくと粘土がくっつき仕事になりませんので


IMG_2246.jpg


こういった粉を袋にいれたものをポンポンと叩きながら
粘土のくっつきを防止します。中に入っているのは料理でおなじみ


IMG_2245.jpg


片栗粉です。くっつき防止にはコレが一番!
最後、ワラ灰をまぶし完成です。
個人的には牡丹餅を作るのはこれで3回目、最初の頃より少し上手くなった・・かな?


IMG_2247.jpg


窓を開けている故、虫がよく進入します。
必死で目で追ってますがこの窓飛び降りれる程の高さでは無いので
これがやっと。


IMG_2248.jpg
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply