ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

お魚天国

 0
 0
ここ最近はずっと、お魚が食卓にのぼっておりました。
というのもクーラーボックス2つ分くらいの釣りたての魚を頂く機会があり
毎日毎日食べ続けても、追いつかない程だったのです。


IMG_1616.jpg

八寸皿(角):¥5000


ちなみにこちらはほんの一例。チヌ(黒鯛)・ニベ・何とかなり大きななヒラメまで!
ヒラメのエンガワが食べれるなんて^^!
お刺身は、水産加工の職場で働いている友人がさばいてくれたので美しい・・。

他にも鯛飯・竜田揚げ・ヅケ・あら煮etc・・・などなど写真を撮っておけば
良かったのですが、料理をするだけでいっぱいいっぱいに。
大家族のお母さんを激しく尊敬した数日間なのでした。


新鮮・美味なお魚にはやっぱりこれ!


IMG_1614.jpg

徳利:参考商品


日本酒はかかせませんね。
手前のぐい呑は同じく備前焼をやっている友人が作ったもの。
自然と食器が備前焼ばかりになってしまう為、
こういった釉薬ものをいただくと新鮮で嬉しくなります。


IMG_1615.jpg


ちなみにこの徳利も金継ぎしているものです。
少しの金継ぎはアクセントになってかわいらしいですよね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply