ヨメがつづる、備前焼鳴瀧窯の暮らしと日常です

お披露目

 1
 0

IMG_1549.jpg


少し前に、ちょっとだけお披露目していたこの龍。


IMG_1562.jpg


注文を頂いていたものだった為、納品が終わるまではアップするのを控えていました。
先日、無事に相手様にお納めができましたのでこの壺の全貌(?)をお見せしたいと思います。

何点かあるので今日はその中から2点紹介させて頂きますね。


IMG_1561.jpg


こちら、龍がぐるっと壺にまきついている状態のものになります。
壺の高さはおおよそで70cm程、かなり迫力あります。

少しまわりこむとこんな感じ。


IMG_1564.jpg


通常、こういった細かなものは型を作って大量に作る場合が多いのですが
こちらひとつひとつ手作りにてお作りしています。
なので、微妙ーに表情が違ったりするのも手作りならでは。
来年は辰年!
ぜひこちら、床の間に飾って頂ければと思います^^


もうひとつは、別のデザインの大壺。


IMG_1565.jpg


こちらは、私が個人的に一番好きな大壺です。
かたちといい、どこかエスニックっぽい雰囲気が気に入っています。

この彫りも良い雰囲気出てます。


IMG_1566.jpg


備前でいうよい焼けの印「ゴマ」がたっぷりかかってます!
壺はこの他にも種類がございますのでまたおいおいご紹介させて頂きますね。

※一番最初の写真は、はじめて見た青い薔薇。
 何でも青いインク(染料?)を吸い上げさせて作る様ですがそれにしても
 みごとなブルーです、葉も青くなってるんですよ!

関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

There are no comments yet.
☆はな☆  
迫力ある壷ですね。

干支の方の、今からの準備でしょうか?
うちのくまくまさん(夫)も辰年なのです。
でも、こんな立派なものはオーダーできないし、
辰年って、ウサギ年ほどかわいらしいグッズが出るとも思えないんです。
毎年恒例の手ぬぐい3枚で終わらせてしまおうか・・・と思ったりしています。
自分の巳年の準備はかなり進んでいるんですけどね(苦笑)

龍の巻きつき方とか、お顔が精悍ですごく素敵だと思います。

次ぎの壷のアップを期待していますね。

2011/05/03 (Tue) 08:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply